総量規制【対象外は銀行カードローン】

消費者金融比較ランキング

2010年に導入された総量規制により、借入額や借入条件などに一定の制限がかかるようになっています。

消費者金融TOP > 総量規制

総量規制でどう変わる?

2010年6月18日、改正貸金業法が完全施行されました。

改正貸金業法と言えばグレーゾーン金利の廃止が話題となりましたが、消費者金融を利用する上で大きな影響を与えたのが総量規制です。

総量規制により、現在借り入れしている方はもちろん、これから借り入れする方も一定の制限が課せられるようになり、新たな借入が難しくなるケースが発生しています。

では、総量規制の導入により、具体的にどのような点が変更されたのでしょうか。

総量規制の影響

1.借入総額は年収の3分の1まで

総量規制により、消費者金融や信販会社などからの借入総額が年収の3分の1までに規制されるようになりました。

たとえば、年収300万円の人は100万円以下、年収600万円の方は200万円以下の借入のみ可能となります。

2.追加借入の規制

総量規制が施行される前に年収の3分の1以上の借入があった方については、特に返済を急がされるという心配はありません。

ただし、すでに年収の3分の1の借入が行われているため、新たに追加借入することは不可能となっています。

新しく借入れするには、現在の利用残高が年収の3分の1以下になるまで返済するしかありません。

3.無収入の方の借入規制

専業主婦(主夫)など、本人に直接的な収入がない場合、個人で借入を行うことはできません。

無収入の方が借入れする際は、収入を持つ配偶者の方の同意書や婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本など)が別途必要となります。

銀行カードローンは対象外

総量規制の施行により、借入を行う際、いろいろな面で大きな制限が課せられるようになりました。

ただし、総量規制の対象はあくまで消費者金融や信販会社、クレジット会社、事業者金融会社など、いわゆる貸金業者からの借入であり、銀行からの借り入れは総量規制の対象外となっています。

つまり、銀行が独自に行っているカードローンなどは、総量規制にとらわれず、年収の3分の1以上の借入が可能となっているのです。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低い上、近年では年収制限のないカードローンも展開しているので、お得度も高いと言えるでしょう。

アコム

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー !
pr.acom.jp

レイク

はじめて契約する方を対象に30日間の無利息で利用可能!
www.mobit.ne.jp

プロミス

プロミスなら来店不要、24h申込OK! コンビニでもご利用可能
cyber.promise.co.jp

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローン金利4.5%~9.8%!
smbc-card.com/nyukai/every/goldloan.html

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 消費者金融比較ランキング All Rights Reserved.