審査に通らない理由

消費者金融比較ランキング

消費者金融の審査に通らない理由としては、申込みブラックや借入件数などさまざまな要素が考えられます。

消費者金融TOP > 理由

消費者金融の審査について

消費者金融の融資を受けるには、それぞれの会社が定める審査を通過する必要があります。

審査ポイントは年齢や年収、過去または現在の借入状況などさまざまですが、それぞれの基準は消費者金融によって異なります。

また、消費者金融ごとに融資能力が異なっており、一般的に大規模な消費者金融ほど審査に通りやすくなっています。

ただ、それでも条件によっては審査に通らない場合があります。

審査結果については合否だけが伝えられ、なぜ通らなかったかの詳細については詳しく伝えられることはありません。

では、審査に通らない理由にはどんなものが考えられるのでしょうか?

審査に通らない理由

1.借入件数が多い

審査が通らない多くの理由は現在の借入件数にあると言われています。

審査の際、消費者金融は信用情報機関に過去・現在の借入状況を照会します。

このとき、現在の借入件数がそれぞれの会社の規定数をオーバーしていると、それだけで審査が通らなくなってしまいます

現在の借入状況については、借入総額よりも借入件数の方が重視されますので、もし新規に借入する場合は、なるべくおまとめローンなどでローンを1本にまとめてから申し込むようにしましょう。

2.申込みブラック

申込みブラックとは、短期間に3社以上の消費者金融の審査を繰り返し受ける状態のことを指します。

短期間に複数社に申し込む=多重債務になる可能性があると判断され、審査に通りにくくなってしまいます。

一般的に、1ヶ月以内に3社を超えて申込みを行うと申込みブラックになってしまうので、3社に申し込んだ場合、次の申込みまでは最低でも1ヶ月はブランクをあけるようにしましょう。

3.ブラック

申込みブラックと名称が似ていますが、こちらは過去の借入時に何らかのトラブルを起こしたことを指します。

たとえば過去の返済で遅延があった場合、返済能力が低いと判断され、審査に落ちやすくなります。

4.勤続年数が短い

勤続年数が短いと、多くの消費者金融が提示する『安定かつ継続した収入がある』という条件に当てはまらなくなります。

特に勤続年数が3ヶ月未満の場合、融資を断られるケースがほとんどです。

5.在宅確認できない

消費者金融はひととおりの審査を終わらせた後、最後に申込書に記載された住所にきちんと居住しているかどうか、在宅確認を行います。

在宅確認は電話で行われますが、このとき、不在が多かったりして連絡が取れないと、在宅確認が不可能だったと判断され、審査に通らなくなります。

ちなみに、上記の理由から、固定電話を持っている方は、携帯電話のみ所有の方に比べて審査に通りやすくなっています。

アコム

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー !
pr.acom.jp

レイク

はじめて契約する方を対象に30日間の無利息で利用可能!
www.mobit.ne.jp

プロミス

プロミスなら来店不要、24h申込OK! コンビニでもご利用可能
cyber.promise.co.jp

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローン金利4.5%~9.8%!
smbc-card.com/nyukai/every/goldloan.html

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 消費者金融比較ランキング All Rights Reserved.