ローンや保険など日常の影響は?

消費者金融比較ランキング

個人信用情報の内容によっては、新たにローンや保険を契約する際、不利になってしまうことがあります。

消費者金融TOP > ローンと保険

日常生活への影響は?

消費者金融への申込みから契約までは最短即日と簡単かつスピーディになりました。

しかし、いくら手軽に借りられるとは言っても、借金は借金。消費者金融を利用すると、日常生活やその他の面で何か影響があるのではないかと心配する方も多くいらっしゃいます。

中でも多いのが、各種ローンや保険を契約できなくなるのではないかという不安です。

結論から言うと、約定返済日を守り、トラブルなくきちんと返済していれば、ローンや保険を組むことは可能です。

ただし、一度でもトラブルを起こすと、信用情報に傷がつき、今後ローンや保険を契約する際、問題となってしまうおそれがあります。

信用情報を大事にしよう

消費者金融など貸金業者から借入を行った場合、借入状況についての情報が記録されるようになります。これが『個人信用情報』です。

個人信用情報には、借入件数や借入額、返済履歴などが記録されており、信用情報機関で一括保管されています。

貸金業者や保険会社はこの個人信用情報を信用機関を通して共有しており、審査を行う時など、必要に応じて照会することができます。

信用情報は普通に借入・返済している間は傷がつくことはありませんが、期日までに返済せずにいると、遅延トラブルとして信用情報に書き込まれてしまいます。

特に3ヶ月以上遅延すると事故情報として扱われ、ブラック入りとなってしまいます。

ちなみに、信用情報の事故情報は5年間にわたって保存されます。自己破産した場合はさらに保存期間が長く、7年間も履歴に残り、その間はローンや保険を契約することは一切できなくなります。

カードを持つだけで不利?

上記で普通に借入・返済している間はローンも保険も契約できると述べましたが、実は消費者金融のカードを持っているという事実だけで評価が下がってしまうこともあります。

その顕著な例が各種保険の契約です。保険会社は消費者金融と契約して借入を行った時点で、繰り返し債務を抱える可能性があると判断し、たとえ現在借入を行っていなかったとしても評価を下げてしまうのです。

よって、新たに保険の契約などを行う場合は、身辺整理をし、使っていない消費者金融のカードは解約するようにしましょう。

アコム

アコム金利3.0%-18.0% 安心・便利で、審査もスピーディー !
pr.acom.jp

レイク

はじめて契約する方を対象に30日間の無利息で利用可能!
www.mobit.ne.jp

プロミス

プロミスなら来店不要、24h申込OK! コンビニでもご利用可能
cyber.promise.co.jp

三井住友カードゴールドローン

三井住友カードゴールドローン金利4.5%~9.8%!
smbc-card.com/nyukai/every/goldloan.html

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 消費者金融比較ランキング All Rights Reserved.